マーケティング

あいみょんからビジネスパーソンとトレンドを思う

トレンドを知ろうとしなければ成長はない。

ダウンサイジングを恐れるな

風呂の大きさから「ダウンサイジングの必要」を考える。

コンテンツマーケティングはBtoBの中小企業を救済するか?

地方の中小企業はコンテンツマーケティングに乗り出すべきか?

面接では先にゴールをすり合わせておくべきである

どうせ面接をするなら、先にゴールを決めておきなさい!

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う7  ビジネスモデルとしてのコミュニティ作り

「緩やかなコミュニティ」を社外にも社内にも提供することが中小企業を救う

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う6 若い世代における「距離感」

若い世代はすでに「緩やかに繋がる」ことに慣れている

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う5 企業における「従業員同士の距離感」

社内でも「適正な距離」を置かなければ居心地は悪くなる

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う4 スタバの「距離感」

スタバを始め、マクドナルドやファミレスを若い世代はなぜ支持し続けるのか?

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う3 ユニクロの「距離感」

ユニクロが提供する「距離感」という価値とは?

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う2 管理人の体験から

こんばんは。SMEです。 今回の中小企業での幸せな働き方を考えるブログは「『緩やかなコミュニティ作り』が中小企業を救う」というテーマでお送りしております。 今夜は二日目です。 「緩やかな繋がり」とは何か? 企業の経営職はこう考えていた 配置一つで…

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う1 コミュニティの変化

若年層の離職が止まらない理由の一つは「コミュニティ」にある?

髙瀬敦也氏の「人がうごくコンテンツのつくり方」を読んで

管理人の人生ベストワンのビジネス書です。

そのSNSって意味ありますか?

中小企業がSNSで陥りがちな3つの誤りと、SNSで情報発信をする意味について