面接の技法 その3 面接官は面接で何を見ているのか?

採用の責任者が、その手法について誰にも教えてもらえないまま臨む「面接」。 では、面接官は応募者の何を見ているのでしょうか? 今日は、面接を受ける方にも役に立つお話です。 大抵の企業で、面接の社内合意はない 面接官は応募者のどこを見ているのか? …

面接の技法 その2 面接官は面接の仕方を知らない

面接では人事担当者を初めとしてさまざまな方が色々な質問をします。 ところで面接官と呼ばれる人々は、どこで面接の仕方を学ぶのでしょうか? 面接官の独りよがり? 自己紹介に意味はない 面接の目的は何か? 面接の仕方を教えているか? 面接官の独りよが…

面接の技法 その1 面接をする側の根本的な問題は何か?

採用した人材が定着しない、活躍できない。 企業によって、その理由はさまざまあります。 ただ、そもそも採用面接で「企業に合った人」を選べているでしょうか? 面接官は面接の素人だ 問題「採用ターゲットが明確ではない」 「いい人」という漠然としたイメ…

なぜあなたの話は圧倒的に通じないのか

あなたの話を伝えるにはどうすればいいのか。

できる営業かどうかは「担当者不在時の電話対応」で分かる

電話でしてはいけない「この質問」

最近のできごとから

会社であった、ちょっといいこと

「納得できない仕事」をしてもらうには

納得させることができないときは

希望額を出せないなら採用しない方がいい3つの理由

値切って入社させてもいいことは何一つない。

ビジネスは戦いである、がゆえに数字だけでは判断できない

戦いは「強い方が勝つ」とは限らない

優秀なマネージャーだけが認められるたった一つのこと

完璧な人間はどこにもいない。