女性

若年層に最低限保証したいこと 続き

会社の都合だけでは引き止められない

若年層に最低限保証したいこと

若手の流出を止めるには?

妻に感謝

伴侶にお礼を伝えていますか?

ミドルと親孝行

親孝行の第一歩は「親より大人になる」こと

あるがままの自分を受け入れる

あなたはあなたのままでいい

ブログの振り返りと読者の方へ

日頃のお礼と振り返り

子供に勉強を強制するな

子供の勉強に対する親の役目とは?

優しすぎて人の人生を背負ってしまうあなたへ

優しさは時に介入になる

女性における母親の影響

女性従業員における「母親の影響」

女性のマネジメントは難しいか?

女性をマネジメントするための二つのパターン

仕事にはヒーローが必要だ

仕事をする上で「他者の視点」を作るべし。

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う7  ビジネスモデルとしてのコミュニティ作り

「緩やかなコミュニティ」を社外にも社内にも提供することが中小企業を救う

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う6 若い世代における「距離感」

若い世代はすでに「緩やかに繋がる」ことに慣れている

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う5 企業における「従業員同士の距離感」

社内でも「適正な距離」を置かなければ居心地は悪くなる

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う4 スタバの「距離感」

スタバを始め、マクドナルドやファミレスを若い世代はなぜ支持し続けるのか?

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う3 ユニクロの「距離感」

ユニクロが提供する「距離感」という価値とは?

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う2 管理人の体験から

こんばんは。SMEです。 今回の中小企業での幸せな働き方を考えるブログは「『緩やかなコミュニティ作り』が中小企業を救う」というテーマでお送りしております。 今夜は二日目です。 「緩やかな繋がり」とは何か? 企業の経営職はこう考えていた 配置一つで…

「緩やかなコミュニティ作り」が中小企業を救う1 コミュニティの変化

若年層の離職が止まらない理由の一つは「コミュニティ」にある?

エニアグラムでお互いを知ろう

エニアグラムを使って相互理解に役立てよう。

時間外労働を少しでも減らす簡単な方法

残業で生産性は上がらない。むしろ下がる。ではどうすればいいのか?

女性をマネジメントする男性が注意すべきたった一つのこと

男性上司が女性をマネジメントする時にこれだけは絶対に忘れないでほしい。

従業員の働き方が違うのは「お互い様」か?

「独身だからといって子持ち女性の分まで働くのは耐えられない」というネットニュースから、働き方について考える。